まずもって「第41回上州太田グリーンマーチ」に参加予定をされていた方々には、大変なご心配とご迷惑をおかけしています。
大会中止の案内文書もでき、記念品等が週末には揃うので、用意出来次第、発送ならびに周知致しますのでもう少しお待ち下さい。

3月に入り、群馬県・太田市・担当部署からイベント開催基準の基本的な考え方の通知が届いた。
開催中止を促すものでもないが、文章の内容はイベントは考えなさいと・・・・
と言うことでございます。

さて、「上州太田グリーンマーチ」大会の開催可否を決める数日前に、とある中央の役員さんから連絡が
「大会を中止しても1大会 〇〇万円はお支払い下さい」
決められたルールなら仕方がありませんので、お支払いしますが

規約書を読んでみた

●●●●●マーチングリーグ規約(加盟費)
第4条 ●●●●の加盟費は、1大会、年額〇〇万円とする。
2、加盟費は新年度に入ったら、各実行委員会は早期に納入するのを原則とする。
3、大会開催を中止した場合の加盟費は、年額〇万円とする。
ただし、開催自治体(区市町村)が自然災害により、被災した時は別途考慮する。

関係者が望まない未曾有の出来事、参加者の痛み、主催者の痛み全てが痛み分けをできるような英知と決断を望みます。

今出来事から、私どものような行政が介入しない小協会、資金力もなし、高齢化するスタッフ問題等、今後の大会の否かを考える、良い機会かも知れません。

早やっ!!
大会中止の連絡を、マーチングリーグ事務局に連絡したのが2月29日(土)。
決定を待っていたかのように、週明け3月1日(月)付発行で請求書が送られて来た。
去年は、「上州太田グリーンマーチ事務局」即ち、私の所に届いたのに、今回は、すでに当協会を退会された方に送られていった。
発行した状況をかいま見るのに、慌てようが目に見えるようだ。
請求書を発行するにあたり、今回の問題に関して役員で一度も協議をしてないと言うことになる。
いつまでの支払いと明記されていないので、当協会内部で慎重審議して”慌てず・急がず・早期に”支払いする事にします。
2020.03.04記