500選を歩く!(埼11-3)

奥州街道・草加の松並木のみち(埼玉県 草加市 11-3)

江戸、日本橋から数えて日光街道(奥州街道)の2番目の宿場町として栄えた草加宿。
日光街道と綾瀬川に沿って立ち並ぶ松並木。
今回は、「草加松原」と呼ばれる緑のトンネルを歩いてみたいと思います。

東武伊勢崎線 新田駅東口を少し歩くと日光街道(奥州街道)に出る。
交差点を渡り、左折すると綾瀬川を渡り右折し、綾瀬川を右手に見ながら歩くと「蒲生の一里塚」が見えてくる。
これは江戸時代街道沿いに一里(4Km)ごとに設置された塚のひとつで、日光街道沿いに残る唯一の一理塚だそうです。

槐戸橋(さいかちどはし)なぜか?カブト虫のオブジェがついている。
橋を渡り、綾瀬川の対岸にでると、草加松原遊歩道にでます。
百代橋(ひゃくたいばし)から眺める松並木は絶景です。
ハープのオブジェのハープ橋を過ぎると、江戸方面を名残しそうに振り返り帰っている、旅立つ前の松尾芭蕉像が見えます。

綾瀬川を離れ、草加の街並みに入ると、さすがに「おせんべい」の街。
ほのかにお醤油の香が漂ってきます。
ここまで来ると、終着地の東武伊勢崎線 「おせんさん」の待つ草加駅はすぐそこです。

10月28日 例会として行われる「奥州街道・草加の松並木のみち」を下見ウオークをしてみましたが
綺麗に行き届いた松並木は500選にふさわしい選択された”みち”と思いました。
是非、時間を調整されて参加されてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL